年代問わず、女性にとってムダ毛は気になるものですよね。カミソリで剃ったり、除毛クリームだとすぐにまた生えてくるし、肌荒れになることも(T△T)


だからといって脱毛サロンやクリニックに通うほどお金の余裕もないし、時間も取れない、でも本格的な脱毛はしてみたい!


そんなあなたにおすすめしたいのが、セルフ脱毛です。脱毛サロンと同じような本格的な脱毛がセルフ脱毛器を使えばできちゃいます。


でもセルフ脱毛器っていっぱい種類があるし、性能の違いもわかりづらいですよね。そこでセルフ脱毛器の選び方のコツや、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。


そして最後にいろいろなメーカーから販売されているセルフ脱毛器でも特におすすめできるものをランキング形式でご紹介しています。

セルフ脱毛器を使うメリット


セルフ脱毛器を使う1番のメリットは、やっぱり手軽に脱毛ができること!
自宅でくつろいでテレビを観ながら片手間にムダ毛ケアをすることができることが大きなメリットです。


脱毛サロンだと通うのも大変だし、デリケートな部分の脱毛は女性スタッフが対応してくれてるといってもちょっと恥ずかしかったりしますよね。


医療脱毛ほどじゃないけど、サロン脱毛もそれなりに高額だし、全身脱毛をしようとすると数十万円はかかります。


ですが、セルフ脱毛器があれば1台で腕や脚はもちろん、それなりのモノを選べば顔やVIOなど全身脱毛することも可能です。。

・脱毛サロンに通うほど余裕がない

・脱毛サロンは予約も取りづらいと聞くし、通うのが億劫

・デリケートゾーンの脱毛はスタッフが女性でも恥ずかしい

以上のような理由で脱毛を諦めているならセルフ脱毛器の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

サロン脱毛を諦めていた人でも、セルフ脱毛器なら自宅にいながら本格的なムダ毛ケアができちゃいます。

セルフ脱毛器の脱毛方式

現在販売されているセルフ脱毛器に採用されている脱毛方式は大きくわけて3種類あります。
それぞれ特徴があり、いずれもメリット・デメリットがあります。

1.レーザー式

セルフ脱毛器

レーザー脱毛はメラニン色素など、濃い色に反応するレーザーを使用します。レーザーの照射で毛乳頭などの毛根細胞を直接破壊して毛の生成を抑えてしまう脱毛方法です。


レーザー脱毛は、医師免許を所有していなければ扱えない脱毛器を使用。医療脱毛クリニックのみで行える施術です。脱毛効果は高いのですが、肌の弱い部分は強い痛みを伴うことがあります。


市販されているレーザー脱毛器は医療脱毛の機器と比べると出力はかなり弱めで、脱毛効果もかなり落ちます。それでも使い方をきちんとしないと肌トラブルに繋がってしまうことも。またレーザー脱毛器は、1度に照射できる範囲が狭いため、広い範囲のケア、特に全身脱毛したい方には不向きです。

2.フラッシュ式

セルフ脱毛器

メラニン色素など黒いものに反応する光を照射して、毛乳頭などの毛根細胞にダメージを与えてムダ毛を抑制します。基本的な仕組みはレーザー式と同じですが、照射範囲が広くレーザーよりもお肌のダメージは少なくて済みます。

その分、脱毛効果はレーザーよりもやや劣りますが、痛みが少ないので肌の負担もそれほどありません。


また、照射範囲が広くムダ毛ケアがスピーディーにできるので部分脱毛はもちろん、全身脱毛にも向いています。今、家庭で使える脱毛器の多くはこのフラッシュ式を採用しています。

3.サーミコン式

セルフ脱毛器

サーミコン式は、熱で毛を焼き切ることでムダ毛の処理を行う方式です。レーザー式やフラッシュ式のように毛根からケアする訳ではないので、脱毛ではなく一時的な除毛になります。

あくまでも肌の表面に出ている毛に対しての処理となるため、すぐにまたムダ毛は生えてきます。けして長期的・半永久的な効果はありません。

メリットとしては、毛抜きで抜くよりも時間が掛からず、お肌への負担もそれほどありません。またカミソリで剃った時みたいに毛先がチクチクするようなこともありません。

セルフ脱毛器を買うときにチェックするポイント

セルフ脱毛器の照射面積

照射面積は脱毛方式によっても違うし、メーカーによってもさまざまです。
照射範囲が広ければ、その分照射する回数も少なくて済むので、脱毛完了までがスピーディー!

広範囲の脱毛の場合、特に全身脱毛を考えているのであれば、照射面積がなるべく広いものを選ぶべきです。

また脱毛個所によっては、脇や鼻下や指などの狭い照射口のカートリッジが必要な時もあります。狭い範囲にも対応できるカートリッジを用意しているメーカーがあるので、そうしたオプションがあるかどうかもチェックしてみてください。

セルフ脱毛器のコスパ

セルフ脱毛器は2万円程度の安価なものから10万円を超える高価なものまで、さまざまな種類のものが販売されています。


安いからといって確認しないで買ってしまうと、効果がなかったり、痛くて使えなかったりと結局は高い買い物になってしまうことも。

セルフ脱毛器にはカートリッジやバッテリーが交換式のタイプと、使い切りタイプの2種類があります。安い脱毛器はカートリッジが使い切りのものが多く、使い終わってしまうと本体ごと新たに買わなければなりません。


一方の交換式は、たとえ本体自体が高くてもカートリッジやバッテリーさえ交換すれば長期間に渡って使用することができます。最初にかかる費用は高くても、交換式を長期に使い続ける場合はかえってコストが安くなるため、長い目でみればお得だと言えます。

セルフ脱毛器の脱毛方式

先程も紹介したように「レーザー式」「フラッシュ式」「サーミコン式」の3種類の方式の脱毛器が販売されています。

レーザー式脱毛器
脱毛効果が高いものの、痛みを伴いやすく、照射範囲が狭いのでピンポイント脱毛向き。

フラッシュ式脱毛器
脱毛効果が高く、痛みも少なく照射範囲が広い。部分脱毛・全身脱毛とも使える。

サーミコン式脱毛器
脱毛効果はないものの、肌の表面に出ている毛を焼き切ることで除毛する

セルフ脱毛器は方式だけでも特徴がそれぞれあります。値段やデザインだけで選んでしまうと、期待していたような効果がなかったり痛くて続けられなかったりします。

特に家庭用のレーザー式は医療脱毛で使用されているものとは能力が違うので、フラッシュ式とそれほど効果に違いはありません。今はより痛みが少なく安全で広範囲を照射できるフラッシュ式の脱毛器が主流となっています。

おすすめするセルフ脱毛器は必然的にこのフラッシュ式の脱毛器になります。
それではおすすめするセルフ脱毛器のランキングです。

セルフ脱毛器のおすすめランキング


商品名 ケノン
画像
特徴 脱毛サロンに通うのは高額だし時間もない!自宅でもっと安く、でも脱毛サロン並みに脱毛したい。という方にぴったりなのがセルフ脱毛器の人気NO1のケノンです。高性能で低刺激のため、お肌が弱い方でも、安心して使用することができます。
だから発売以来多くの方から支持され続け、販売台数も50万台を突破しています。「ケノン」は、照射時間が短いのでお肌への負担が少なくなっています。レベル設定は、10段階あり、あなたのお肌に合わせて設定できるので痛みに我慢する必要がありません。また、照射面積が広いため、全身脱毛でも楽に行えます。2週間に1回程、使用するだけで、脱毛サロンに通ったかのような憧れのツルすべ肌になれちゃいます!!
>>ケノンの詳細についてはコチラのページ
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 9.25cm²(3.7cm×2.5cm)
レベル設定 10段階
カートリッジ 交換式カートリッジ(照射回数100万回
付属品カートリッジ3個付(脱毛2個,美顔1個)
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 69,800円
最安値店 >>ケノンの公式サイトへ


セルフ脱毛器

商品名 2PSクリスタル
画像 セルフ脱毛器
特徴 ツーピーエスとして販売されていたセルフ脱毛器が2PSクリスタルとして機能が大幅に変更しリニューアルデビューしました!従来品では照射面積6.51cm²から拡大し7.04cm²になったことで、今まで以上に全身脱毛もしやすくなりました。照射回数も従来品の13万2000発から大幅に100万発へ。フラッシュの4連射や、肌の上を滑らせるだけで自動照射できる機能が追加されるなどパワーアップしています。パワーレベルを8段階まで設定できるので、お肌の弱い方でも安心して使用できます。
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 7.04cm²(3.2cm×2.2cm)
レベル設定 8段階
カートリッジ 交換式カートリッジ(照射回数100万回
付属品カートリッジ1個付
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 69,800円
最安値店 >>ツーピーエス脱毛器公式サイト


セルフ脱毛器

商品名 ラヴィ(LAVIE)
画像 セルフ脱毛器
特徴 脱毛サロンで採用されているフラッシュ式脱毛が自宅で行えるセルフ脱毛器です。パワーも大きく78ジュールもありますが、7段階に設定可能なので、お肌が弱い方でも安心して使用することができます。また、カートリッジを交換するだけで美顔ケアもできる多機能なセルフ脱毛器です。照射面積も大きな7.4cm²なため、全身脱毛でも素早く行うことができます。早くそしてしっかり脱毛してくれる本格派なのに、お値段がお手頃なのでお買い得の商品と言えますね。ただしカートリッジの耐久性は上位2つよりもかなり落ちるので、カートリッジ代(1個5,000円程度)がかかってきます。
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 7.4cm²
レベル設定 7段階
カートリッジ 交換式カートリッジ(照射回数10万回)
付属品カートリッジ1個付
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 42,984円
最安値店 >>ラヴィ(LAVIE)公式サイトへ


セルフ脱毛器

商品名 レイボーテグランデ
画像 セルフ脱毛器
特徴 美容・健康機器メーカーの大手ヤーマンが販売しているセルフ脱毛器の最上位機種がレイボーテグランデです。他社のセルフ脱毛器と比べても12cm²と照射面積が断トツに広いのがポイント!また10連射機能もあるため脱毛もスピーディーに処理ができます。その他にもスキンケアの機能もあり、お肌の弱い方にもおすすめです。付属しているヘッドを部位ごとに交換することで、手足はもちろん顔などのデリケートな部位までしっかりとケアできます。レイボーテグランデが家に1台あればお顔を含めた全身のケアができちゃいます。唯一の欠点は他と比べてかなりお値段が高いところ。
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 12cm²
レベル設定 10段階
カートリッジ 交換式カートリッジ(照射回数20万回)
付属品カートリッジ4個付(ラージ、スモール、フェイス、クールヘッド)
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 129,384円
最安値店 >>レイボーテグランデ公式サイトへ


セルフ脱毛器

商品名 エピレタ
画像 セルフ脱毛器
特徴 特許技術のHPL(ホームパルスライト)というフラッシュ照射に超音波をプラスした技術を採用しているのが「エピレタ」の大きな特徴です。フラッシュを照射だけの脱毛器よりも光の強さを抑えることができるので、お肌に優しいセルフ脱毛器です。チャージ時間も短くて済み、片脇の処理ならわずか10秒とあっという間に終わります。。肌色センサーが搭載されているので、日焼けや色素沈着などの使用できない肌色の個所はフラッシュうが照射されないように安全装置も装備。充電式ではなくコンセントタイプなので、処理する場所の制限があり、照射面積も狭いので全身脱毛には不向きです。狭い範囲の脱毛だけならエピレタもありかなって思います。
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 2cm²
レベル設定 5段階
カートリッジ 使いきりタイプ
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 15,984円
最安値店 >>エピレタ公式サイトへ