セルフ脱毛器 脇

薄着をする季節が近づいてくると気を遣わなければいけないのが脇のムダ毛処理です。
自分でカミソリを使って処理をしている方も多いかもしれません。


しかしそれだと、肌を傷つけてしまったり、処理自体が面倒になってしまいませんか。
そこでオススメなのが、セルフ脱毛です。


「え?脱毛ってサロンに行かないとできないんじゃないの?」
と疑問に感じている方もいるかもしれません。最近では、自宅で簡単にできるセルフ脱毛器も販売されているのです。

そこで今回は自宅でできる脇のセルフ脱毛を行う方法についてご紹介します!

自宅でできるセルフ脇脱毛器が流行中!!

あなたの周りにも脱毛サロンに通っているという友人も多いのではないでしょうか。
近年は脱毛サロンの施術も価格が下がり、安ければ1回1000円を切ることもあるでしょう。


しかし、そうしたサロンは人気のため、予約が全然取れなかったりすることが多いのです。


脱毛サロンも通うのが大変….そう考えて自分で脇の処理をしたりする人も多いです。
ただ自宅でムダ毛の処理というと、カミソリや電動シェーバーなどを使用したりしますよね。

しかし、それらだと、数日で生えてきたり、剃り残しがあったりと、綺麗に処理するのは難しいですよね。

そこで今流行っているのがセルフ脱毛器なんです。
脱毛サロンに行かなくても、家で本格的な脱毛サロン並みの脱毛ができちゃいます。

値段も脱毛サロンに通うよりはずっと安く済むのでセルフ脱毛器で脇のムダ毛を脱毛する方が増えているんです。

なぜ自宅でのセルフ脱毛器で脇を処理するのが良いのか?

では、なぜ自宅で脇をセルフ脱毛器で処理するのが良いのでしょうか。
そのメリットを見ていきましょう。メリットは主に、以下の3つです。

時間を合わせる必要がない

先ほども書いた通り、人気の脱毛サロンだと事前に予約が必要です。

そして、予約が埋まっていて、なかなか自身の予定と合わないことがほとんど。
その結果、あまり通えないまま契約期間が終わってしまう、という方がたくさんいます。

一方でセルフ脱毛であれば、そうした時間を考える必要はありません。
そのため、仕事や家事で忙しいという方には特にオススメです。

費用が安い

セルフ脱毛と聞くと、「脱毛器の値段が高そう」と感じる方もいるかもしれません。しかし、脱毛サロンに通うみたいに数十万円もかかるわけではありません。昔から比べるとぐっと値段が下がっていて、本格仕様のものでも数万円程度と比較的買いやすいものが多いです。


それに比べて脱毛サロンだと予め施術の回数が決められていたりしますが、その範囲内で脱毛が完了しなかった場合は、追加費用を払わなければいけないことも・・・。


そうしたことを考えると、自宅で何度でもできるセルフ脱毛器の方がとっても経済的なんです。

人に見られないで済む

脱毛サロンで脇毛を脱毛するとなると、スタッフに脇を見せなければなりません。
気にしない人であれば、脱毛サロンで良いかもしれませんが、中には「人に脇を見られるのは恥ずかしい」と考える方もいると思います。


そうした人にとっては、セルフ脱毛器なら自分だけで行えるためオススメです。

自宅でできるセルフ脇脱毛の方法を紹介!自分で実践してみよう

セルフ脱毛は、自宅でもハイレベルの脱毛ができるセルフ脱毛器がオススメです。

「自分で脱毛するのって難しそう・・・」と考える方も多いかもしれませんが、意外と使い方は簡単です。

今回は、セルフ脱毛器の中でも特に人気の「ケノン」を例に見ていきましょう。

手順1:ムダ毛を剃る

セルフ脱毛器

できれば前日までに脇のムダ毛の処理をしておきましょう。
肌に負担をかけないように、なるべく深剃りはしないでください。


なお、ケノンの脱毛の仕組みの種類は光(フラッシュ)脱毛です。
光(フラッシュ)脱毛とは、黒色に反応する特殊な光を使って、毛根組織を破壊していきます。


その結果、その部分の毛を生えないようにしていくのです。
そのため、毛は1mmほどの長さを残しておいたほうが効率的に脇毛脱毛をすることができます。効果が無くなるため、前日の処理で毛は抜かないようにしましょう。

手順2:ケノンの照射レベルを調整する

セルフ脱毛器
つづいて、ケノンの電源コードを接続し、電源を入れます。そして、照射レベルを調整していきます。ケノンの場合、照射レベルは1~10まであります。

最大レベルの10にすれば、脱毛効果は高いですが、一方で痛みも強く出ます。そのため、慣れるまでは低いレベル1~3に設定しておくのがオススメです。

なお、その日の体調などによっても痛みの感じ方は違います。そのため、照射レベルは無理のないレベルに調整するようにしてください。

手順3:脇を冷やす

セルフ脱毛器

照射レベルを決定したあとは、脱毛部位である脇を保冷材でしっかりと冷やしていきましょう。

こうすることによって、

・痛み
・赤み

を軽減し、肌の炎症を予防することができます。脱毛は肌に負担がかかりやすいため、トラブルを防ぐためにもしっかりと冷やしておきましょう。

手順4:ケノンを照射する

セルフ脱毛器

準備が整ったら、ケノンの照射口を脇に当てて光を照射していきましょう。ケノンの場合、照射口が肌に触れている場合にのみに光が発射されます。


また、ケノンは連続ショットモードで1回あたりのショット数も設定できます。種類は1連射、3連射、6連射の3パターン。連射機能を使うことで、肌への負担を軽減することができます。

セルフ脱毛器を使用した後は、アフターケアが重要!

セルフ脱毛器

セルフ脱毛器で脱毛した方が、カミソリで毎日剃るよりは、肌への負担が少ないこともあるでしょう。しかし、セルフ脱毛器を使ったとしても、アフターケアをしっかりとしていなければ、赤みや炎症といった肌トラブルになる可能もあります。


そのため、脱毛器の光照射前だけでなく、照射した後にも保冷剤などを使って脇を冷やしておくことが重要です。ある程度熱が取れたあとは、しっかり保湿もしましょう。


ケノンを使用した後の保湿には低刺激で保湿力の高いボディクリームがおすすめです。皮膚の薄い部分や肌荒れしやすいところにも使用できる敏感肌用のクリームが一番のおすすめです。


そして、見落としがちなのが「日焼け」です。セルフ脱毛後の肌状態は、乾燥していることが多く、いつもより傷みやすいと言われています。そのため、そうした状態で屋外で長時間過ごすとなると、肌がダメージを受けてしまい、肌トラブルに繋がる恐れも。


そこで、セルフ脱毛を行うのは夜にして、紫外線からのダメージを受けないようにすることをオススメします。


以上がセルフ脱毛器で脇のムダ毛を処理する方法でした。セルフ脱毛器があれば頻繁にムダ毛処理をする必要がなくなるしお肌が荒れたりすることもありません。彼氏に脇を見られても自信が持てるので、隠さなくても大丈夫になりますよ。

>>ケノンの公式サイトへ