セルフ脱毛 VIO
デリケートゾーンのムダ毛は女性なら誰でも気になりますよね。特にVIOの処理に頭を悩ませている方がたくさんいます。

しかし、

VIOの部位を他人に見られるのは恥ずかしい
脱毛サロンだと費用が高そうで躊躇しちゃう

と、VIOの脱毛ができないという方が多いです。

かといって家でデリケートゾーンのムダ毛を処理しようと思っても

どうやったらいいかわからない
セルフ脱毛器でできないのかしら

という声が多いです。


そこで今回はもっとも売れているセルフ脱毛器「ケノン」を使ってVIO脱毛のやり方をご紹介したいと思います。

Vラインをどのような形にするか考える

Vゾーンのラインをどのような形にするのか、処理をする前に決めておくほうがいいです。
ちなみに脱毛サロンでVIO脱毛する場合もVラインの形を事前に決めて行います。


一番人気が高い形は「逆三角形型」ですね。確かに男性受けも一番いいですからね。その他には海外の有名人やセレブの間では今や当たり前のようにハイジニーナ型が好まれています。日本でも徐々にですが、ハイジニーナ型にする方が増えています。

VIO脱毛するには5回目までは全処理をする

VIO脱毛をするには、全処理を5回ほどしてからのほうが綺麗に仕上がります。最初から部分的に脱毛しようとすると残った毛がゴワゴワになり見た目も触った感じもよくありません。


全処理を5回ほどしてからだと、全体的に毛の量が少なくなって生えてくる毛は柔らかい毛なので綺麗なVラインになります。

VIO脱毛セルフ脱毛器で行う手順

それではVIOに共通する脱毛の手順をご説明します。

具体的な流れとしては…

①ムダ毛をボディ用のシェーバーなどで剃る
②脱毛部位を保冷剤でしっかりと冷やす
③ケノンの光(フラッシュ)照射
④光照射した部位を保冷剤でしっかりと冷やす
⑤保湿クリームでしっかり保湿する

この手順を守ることで黒ずみが防げるし、脱毛効果もアップします。

Vラインをセルフ脱毛器で脱毛する手順

セルフ脱毛器 VIO

Vラインとは
前面のアンダーヘアで下着に隠れる部分、なかでも毛のハミ出しやすい下着のキワの事です。ビキニラインとも言われたりします。



Vラインにセルフ脱毛器を使用する前に、Vラインのムダ毛をハサミとボディ用のシェーバーを使って処理します。


>>フェリエ ボディ用 ピンク調 パナソニック

最初はハサミでムダ毛を短く切ってから、シェーバーで1mm程度残すくらいまで剃ります。脱毛が上手くできるポイントなのですが、ツルツルに剃るよりもわずかに毛先を残しておいてください。


ケノンは、黒色に反応する光(フラッシュ)脱毛なので、わずかに黒い毛を残しておいた方が脱毛効果が高くなります。そして保冷剤でお肌をしっかりと冷やしてください。

Vラインへのケノンの照射レベル

Vラインは皮膚も厚く痛みもそれほど感じにくいため、レベル5~8くらいがおすすめです。ただ初めてケノンを使用する方は、レベル1から試してみて、痛くなければ段々とレベルを上げるようにしてください。

ケノンの照射が終わったら保冷剤でしっかり冷やし、保湿を行ってください。

Iラインをセルフ脱毛器で脱毛する手順

セルフ脱毛 VIO

Iラインとは
女性器の周り(両サイド)の部分のことです。皮膚が薄く複雑なので、ムダ毛の処理が難しい部位です。



ケノンはIラインに使用してもいいとは書いていません。Iラインに使用するのはあくまでも自己責任となります。それだけIラインは皮膚が薄くて処理がしにくいところなんです。


でもそれでは困るので、ケノンを使ってIラインを処理する手順をご紹介します。


ケノンを使用する前に、Iラインのムダ毛をハサミで切り、シェーバーで短く整えてください。Iラインを脱毛するには、粘膜の部分を守るために紐パンのようなパンツを履くのがおすすめです。そして保冷剤でお肌をしっかりと冷やしてください。


光を当てても紐パンの生地が粘膜部分を守ってくれるので安全に処理することができます。
Iラインは自分の目では直接見えないため、しゃがんだ体勢で鏡に写しながらケノンを照射すると、上手く処理することができます。

Iラインへのケノンの照射レベル

Iラインは粘膜の部分に近く皮膚も薄いので、痛みが感じやすい非常にデリケートな部分です。
最初はレベル1から使用してみて痛みが感じなければ徐々にレベルを上げていきましょう。慣れてきても最大がレベル5ぐらいが目安にしてください。


痛みをかなり感じる部分なので、無理にレベルをあげようと思わないことが大切です。
ケノンの照射が終わったら保冷剤でしっかり冷やし、保湿を行ってください。

Oラインをセルフ脱毛器で脱毛する手順

セルフ脱毛器 VIO

Oラインとは
肛門周りのことです。こちらも直接目では確認できないため自己処理が難しい部位です。



ケノンを使用する前に、Oラインのムダ毛を鏡で写しながらシェーバーで処理します。そして保冷剤でお肌をしっかりと冷やしてください。


ケノンの光(フラッシュ)を照射する時は紐パンを履いたままで、Oラインの脱毛をしてください。紐パンツをずらしながら鏡を見て照射すれば、誤ってお尻の穴に直接照射することはありません。

Oラインの照射レベル

Oラインは肌が薄く敏感な部分なので、レベル1から試していくことをおすすめします。慣れてきてもけして無理をせず、レベル5ぐらいまでが目安で行ってください。ケノンの照射が終わったら保冷剤でしっかり冷やし、保湿を行ってください。

VIO脱毛はどのくらいすれば効果があるの?

脱毛を始めて5回程度はムダ毛を全処理をして、それから形を整えれば綺麗に形を揃えることができます。

ケノンの効果があらわれる目安

・5回程度:太い毛があまり生えてこなくなる。
・10回程度:毛の量が減っているのを実感する。生えてきても細い毛。
20回程度:ほとんどムダ毛が生えてこない。お肌はツルツル状態。

VIO脱毛が痛くて続けられない場合

他の部位よりも特にVIOはデリケートなので痛みを感じやすいです。
もし痛みを感じてしまう場合は、次のような方法を試してみてください。

・体調不良の時はセルフ脱毛器の使用を避ける
・生理前、生理直後にセルフ脱毛器の使用を避ける
・セルフ脱毛器を使用して痛みを感じたら、レベルを下げる
・保冷剤で冷やすのを時間をかけてしっかり行う

最後に~セルフ脱毛器でVIO脱毛ができたら

セルフ脱毛器 VIO

Vラインは脱毛サロンへ通って処理するのは、ちょっと恥ずかしくてできない。
また脱毛サロンに通う時間と費用もなくて….


そんなあなたにおすすめなのは自宅でできるセルフ脱毛器を使用する方法です。
きちんとしたやり方で続けていけば、VIOだってば必ずつるつるのお肌になっちゃいます。


彼氏に見られてももう恥ずかしい思いをしなくて済みますよ。
自信を持って彼とラブラブすることができます。

>>ケノンの公式サイトへ